RSS | ATOM | SEARCH
マレーシア ランカウイ島 旅行記 その .アラルンプール空港 国際線から国内線へ

JUGEMテーマ:マレーシア

 

2018年のGWを利用して、マレーシア ランカウイ島へ旅行に行った内容です。

 

その クアラルンプール空港での国際線から国内線への乗り換えと、ランカウイ空港までを綴っていきます。

 

今回の旅行の行程は、伊丹空港ー成田ークアラルンプールーランカウイのフライトで、伊丹空港からクアラルンプールまでは日本航空、クアラルンプールからランカウイまでは、マレーシア航空を利用しましたが、ワンワールドグループなので荷物は伊丹空港で預けて、ランカウイで引取できますが・・・

 

成田からの便は、クアラルンプール空港のサテライトターミナルに到着しますので、到着後、メインターミナルまでは電車を利用します。

クアラルンプールでそのまま入国する場合は、この電車が到着後降りたら、電車の進行方向に進み入国審査場に向かいますが、国内線に乗り継ぐ場合は、電車を降りたら、逆方向に進み、階段を降りていきます。ほとんどの人はそのまま入国審査場に向かいますので、国内線乗り継ぎは少ないので、みんなと逆方向になるので、注意が必要です。

階段を降り進んでいくと、乗り継ぎ客用の入国審査場がありますので、それを通過すると国内線ターミナルです。

後は、搭乗時間まで待つだけです。

 

ランカウイまでは1時間ほどのフライトですのでサービスは飲み物の提供ほどしかありません。

ランカウイ空港は、小さな空港ですので、タラップを使って滑走路脇を歩いてターミナルまで移動です。

荷物の受け取り場所には、レンタカーやツアー案内ブースがあり、入っていくと大きな声で呼び込みをしています。

その中にプリペイドSIMのブースもあるので、そこで購入すればセッティングもしてくれます。

 

ここで問題が、ターンテーブルで荷物を待ってると、一向に出てこず、ターンテーブルも止まってしまいました。

そう、ロストラゲージです。

すぐに係員のところへ行きましたが、先客がおり15分ほど待って私の手続きが始まります。

荷物の控え札を渡し、鞄の色、形状などを伝え、報告書を作成してくれます。係りのお姉さんは終始慣れた様子で笑顔の対応でした。明日の10時にホテルに荷物を届けるとのことで、言われるがままに従うしかないので、届くことを信じて退散です。

 

私の乗った飛行機が最終便で手続きに時間を要したので出口に行くともうほぼ誰もいません。タクシー乗り場に向かいましたが、タクシーも止まっていませんでした。

すぐにGRABタクシーのアプリを起動し、検索すると空港周りにはまだ何台か待機してたのですぐに来てくれました。

結果的にはタクシーよりも安く済んで良かったです。

東南アジアでは現在GRABしか使えないので、このアプリを入れておくと移動にも便利です。ちなみにランカウイでは普通のタクシーは定額制で空港から○○まではいくらと決まっているので、ぼったくりはありませんが、GRABの方が安いと思います。観光客が行くようなところには待機しているのですぐに呼ぶことができます。

 

なお、荷物は翌日にはちゃんと届けてくれました。

 

 

国内線への移動の様子とランカウイまでの飛行機とトラブル処理の映像です。

プリペイドSIMの購入の映像

author:たもっちゃん, category:マレーシア(ランカウイ), 08:51
comments(0), -
マレーシア ランカウイ島 旅行記 その◆.曠謄襪醗榮絢蠱福⊆腓粉儻地、ランカウイ空港

JUGEMテーマ:マレーシア

 

2018年のGWを利用して、マレーシア ランカウイ島へ旅行に行った内容です。

 

その◆〆2鵑僚蒜颯曠謄襦.侫Д妊薀襯凜ラビーチリゾートランカウイ。島内の交通手段。主な観光地

 

今回宿泊したホテルは フェデラルヴィラビーチリゾートランカウイですが、タクシーの運転手も最初わかりませんでした。その訳は、このホテルは、ホリデーヴィラビーチリゾートランカウイの中にある系列ホテルで、ホリデーヴィラは有名みたいですがフェデラルヴィラというとわかってもらえませんでした。

チェックインもプールなどの施設、朝食会場もホリデーヴィラのものを利用し、宿泊棟だけ別です。フロントからだいぶ離れています。でも宿泊棟によっては、ビーチのすぐそばでよかったです。ただ、虫が多い。気になる方は要注意。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

次に島内移動手段ですが、島内にはバスなどは走っていませんので、タクシーかレンタカーまたはレンタルバイクになります。

私は、レンタルンバイクを利用しました。

島内は交通量が少ないのと日本と同じ左側通行なので運転はしやすいと思います。

レンタルバイクだと一日保険込みで1400円程度で自由に移動できるのと止めるところを探さなくていいので便利です。

国際免許は必要です。

島を一周しても止まらずになら2時間程度あれば十分で、観光しながら景色のいいところで止めながら走っても1日で十分一周できます。

レンタルバイクの様子はこちらでご覧になれます。

今回の旅行で回った主な観光地は

オリエンタルビレッジ&スカイキャブ

 

クロコダイルアドベンチャーランド

 

ナイトマーケット

 

最後にランカウイ空港とクアラルンプールまでの様子です。

https://amzn.to/2Moq19B

author:たもっちゃん, category:マレーシア(ランカウイ), 14:18
comments(0), -
2018 JGC 上級会員に挑戦 ルートについて

JUGEMテーマ:マイル、マイレージ

 

2018 JGC上級会員に挑戦するルートについて説明します。

 

上級会員になるには、50000FOPを貯めるか、JALグループに50回以上搭乗するかになりますが、私は50000FOPを貯める方法で目指したいと思います。

 

では、具体的なルートですが、昨年末に発売されたクアラルンプールビジネスクラスキャンペーンを利用して設定することにしました。

 

ルートを設定するにあたり、私個人の条件、航空券の条件を簡単に説明します。

仝朕妖には、仕事の関係上、休みを取れるのは、土日祝日とゴールデンウィークの連休になります。

▲アラルンプールのビジネスクラスキャンペーンは、現地数日以上の滞在が必要

できるだけ安く、効率的に達成する。(大阪在住ですので、大阪が起点になります)

JALカード(クレジットカード)に入会し、入会特典の5000FOPをもらう。

以上を考慮して、ルート設定を行いました。

 

大きく分けて、3回の旅行で50000FOP達成でルート設定しております。

予約した航空券ごとに記載します。

 

A 3月17日 関空ー羽田・成田ークアラルンプール 7月15日 クアラルンプールー成田・羽田ー那覇

B 3月17日 クアラルンプールー成田・羽田ー那覇 5月3日 関空ー羽田・成田ークアラルンプール

C 3月18日 那覇ー関空

D 5月5日 クアラルンプールー成田・羽田ー関空 7月14日 関空ー羽田・成田ークアラルンプール

E 7月16日 那覇ー関空

 

金額では、

A 106,940円 B 90,730円 C 17,500円 D 105,010円 E 34,000円 合計354,180円 

合計 46242FOP+カード入会ボーナス5000FOPで、50000FOP達成です。

 

Aのチケットは、数日の滞在が必要なので、行きと帰りを全体計画の最初と最後に設定し、BとD 2回クアラルンプール発券のチケットを購入しています。

現地発券のメリットとして、日本で購入するよりも数万円安い。BとDのチケットは、プレミアムエコノミークラスで、100%FOPが貯まるのでお得。エコノミーの場合は、チケットの値段によりFOPの貯まる率が変化します。安いものだと30%程度しか貯まりません。

AとDの日本行きのチケットは、那覇が最終地になっているのは、国際線乗り継ぎの国内移動分は、FOPが2倍になるので、より遠い那覇が一番効率的になります。CとDはそのために、那覇から大阪に戻るチケットです。

 

Aのクアラルンプール到着日とBのクアラルンプール出発日が同じなのは、乗っていった飛行機で入国せず、そのままトランジットカウンターで発券し、折り返し帰国したためです。これをすると完全土日で1往復できます。

FOPのためだけの旅行です。

 

一回目の様子は、こちらでご覧になれます。

 

ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスの利用ですので、行程は強行軍な所もありますが、ラウンジも利用でき有意義に過ごすことができました。

 

2回目のルートは、GWでもありましたので、間に観光を入れてちょっと休暇を楽しみながら行きました。

当初の予定を、一部変更してGWの間の平日も休暇を取れたので、ランカウイ島などに行って楽しんできました。

 

 

 

         

 

 

author:たもっちゃん, category:JALマイレージ, 13:41
comments(0), -
2018 JGC 上級会員に挑戦します。

JUGEMテーマ:マイル、マイレージ

 

2018年 JALマイレージの上級会員 JGC入会に向け挑戦します。

現在ANAの修行を5年ほど前に終え、年に2,3度海外旅行にいきますが、その際に利用する航空会社はスターアライアンス加盟航空会社を優先的に利用して、上級会員の特典の恩恵を受けておりますが、行先によってはワンワールド加盟社の方が安くて、時間的に便利な時もあり、JALでワンワールドの上級会員を目指したいなと思うこともありどうしようかなっと考えていた時。

 

昨年12月にJALがクアラルンプールへのビジネスクラスキャンペーンで往復9万円という割安なチケットを販売していましたので、思い切って2018年にチャレンジすることにしました。

 

上級会員ってなに?(簡単に説明すると)

航空会社には、自社の飛行機やグループの飛行機に多く乗ってもらおうと、各社マイルを貯めて無料航空券をゲットできるのが一般的に有名ですが、さらに多く利用している客に対してその利用頻度によってより多くのサービスを提供しているのです。

JALの場合

まずJALマイレージバンクに入会しマイルを貯めますが、飛行機に乗った時だけにつくフライオンポイント(FOP)というポイント制度があります。FOPを30000ポイントでクリスタル、50000ポイントでサファイヤなどと達成度合いによってランクがつけられます。詳しい特典内容などはJALのホームページをご参照ください。https://www.jal.co.jp/jmb/index04.html

 

そして、50000ポイント達成すると、JALからJALグローバルクラブ(JGC)入会のご案内が届きます。

これを目指しています。

これは、JALカードに(クレジットカード)入会を条件としますが、これに入会するとサファイヤとほぼ同様の特典がクレジットカードに入っている限り続きます。

主な特典とは、空港での優先チェックインカウンターの利用、ラウンジの利用、手荷物の優先取り扱い、優先搭乗、マイル積算率のアップなど。

 

このような特典を、JAL便だけでなく、JALの加盟しているワンワールド加盟航空会社に搭乗する際は、同じ特典を利用できます。

格安エコノミーチケットやツアーでエコノミーを利用している際にも、ワンワールド加盟航空会社を利用していれば、ラウンジなど使えます。

例えば、ワンワールドグループのキャセイ航空で日本ー香港ーバンコクを格安エコノミーチケットで往復する場合。

日本の空港で、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用、出発まではラウンジを利用でき、香港で乗り継ぎの際も出発までラウンジを利用できます。帰りもバンコクでビジネスカウンターでチェックインし、ラウンジを利用でき、乗り継ぎの香港でまたラウンジを利用できます。

 

このラウンジ利用できるのは、非常にポイントが高いと個人的には思っています。

ラウンジが利用できないと、出発まで空港で待つ際に、食事をするのにお金がいりますし、座る場所を探すのも大変な時もあります。特に海外で乗り継ぎの場合は、現地通貨もありませんし、割高ですので、非常にありがたいです。

 

国際線のラウンジは、ソフトドリンクやビールなどの飲み物のほか、食事も無料ですし、シャワー設備があるところでは、搭乗前にシャワーを使い、すっきりして搭乗できます。

これらの費用を年数回の旅行をしていると、入会するために費用が掛かりますが、長い目で見れば十分入会価値があると思います。

 

具体的なルートについては、次にご紹介します。

 

Youtubeもやっていますので、是非ご視聴、ご登録ください。

https://www.youtube.com/channel/UC2isEdQ901uo7glfClh5ggw

 

 

 

author:たもっちゃん, category:JALマイレージ, 10:59
comments(0), -