RSS | ATOM | SEARCH
ジャランアロー クアラルンプール JalanAlor

JUGEMテーマ:マレーシア

初めてのクアラルンプール滞在の夜。食事かねてブキッビンタンのジャランアロー(アロー通り)周辺を散策してきました。

訪れたのは夜9時ころでしたが、多くの人出で賑わっていました。週末もあってか深夜0時を過ぎても多くの人がいました。

 

滞在したホテルからは5分程度で、多くの屋台が出ており、マレーシアだけでなく、中華、タイ、ベトナムなどの料理屋さんもありました。

通りの入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお店で食事をいただきました。

レストラン
 

 

注文した料理は、サテー(牛と鳥)、焼き飯、ミーゴレン、エビのバター炒め

注文した料理


 

どれもおいしかったですが、焼き飯はナシゴレンではなく中華風でしたが、少し味が薄かった。

 

色々なお店があるので、どこにするか迷いましたが、それなりに賑わっていたお店を選びました。

通りの様子はYoutubeにアップしておりますのでご覧ください。

 

食事のあとは周辺のお店を見物しましたが、呼び込みが多すぎてゆっくりと見る余裕がありません。

その後は、マッサージをしてホテルに0時過ぎに戻りました。

全身マッサージ60分で65RMでした。

 

author:たもっちゃん, category:マレーシア(クアラルンプール), 13:34
comments(0), -
JGC 上級会員に挑戦 最終行程に向けて

以前に書いたブログの通り、全3回の行程でJGCサファイヤを目指して活動中ですが、3月と5月の2回の行程は無事終了し、JMBクリスタルの案内が5月には届いていました。ただ目指しているのはこれではありませんし、クリスタルではあまり恩恵はありません。

そして今月 3回目の行程に出発します。

関空~羽田 成田~クアラルンプール~成田 羽田~那覇~関空の合計5フライト。

これで50000FOP達成で、目標のJGCに入会できます。

 

今回は、クアラルンプールで1泊だけしますので、一日市内観光ができます。

3月に行った同じコースでは、クアラルンプールで入国せずにそのまま空港折り返しでしたので、少し体の負担も軽減されるでしょう。

 

いわゆるJGC修行ですが、国際線間はプレエコとビジネス利用ですので苦行ではありませんが、早朝から出発、空港間のバス移動2回、機中泊など結構疲れると思いますが、楽しみたいと思います。

 

移動中の様子や、クアラルンプールの様子などの動画を後日アップしますので興味のある方はご参考にしていただければと思います。

 

この季節は、台風などの影響で那覇便の運航が心配でしたが、今日時点では問題なさそうでほっとしています。

JUGEMテーマ:マイル、マイレージ  JGC 

 

 

author:たもっちゃん, category:JALマイレージ, 13:34
comments(0), -
ツアーと個人旅行の比較

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

海外旅行に行かれる際に、旅慣れた方以外の多くの方は、旅行会社のツアーを利用されると思いますが、私が行く旅行のほとんどは一人旅で、航空券、ホテルなど自分で手配する個人旅行がほとんどです。

個人旅行には、メリットとデメリットがありますが、私なりに思うメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

 

メリットとして

1、時間が自由に組み立てられる。

観光地での散策時間を自由に変更できる。ツアーで行けば無用な市内観光やお土産屋への誘導がない。空港からホテルなどへの送迎時やオプショナルツアーの時に順番にホテルを回って客を落とすなどが無いので、無駄な時間がない。飛行機などの便を自由に選べる。限られた旅行時間を自分の都合に合わせ最大限利用できる。

2、料金が安い時も。

ツアーで行くよりも安く抑えられる時も多々あります。一人旅の場合は料金が安い時も多いですが、ホテルを2人一部屋で利用する場合は、ツアーが安い時もあります。

(海外のホテルは一部屋いくらという設定で、ツアーは2人参加を基本に料金設定されているので、一人部屋にすれば追加料金がかかる)

3、ホテルが自由に選べる

旅行会社のツアーの場合は、ある程度のクラス以上のホテルが設定されているので、自分の行きたい場所に便利かなど都合に合わせられる。

 

同程度の料金の場合、私は迷わず個人旅行を選択しています。時間が自分の都合に合わせられるメリットが大きいと考えていますので、せっかくの旅行ですので、時間いっぱいまで楽しみたいと思っていますので、

 

デメリットとは、

1、安い航空券やホテルは、キャンセル不可の場合が多いので、キャンセル時に返金が受けられない。

2、航空機の遅延などの場合は、自分で航空会社と交渉が必要。

3、ホテルの予約不手際があった際も自分で対応が必要。

4、災害時などの対応を自分でする必要がある。(外務省のたびレジに登録しておけばある程度は災害時などの情報は入るのと、安否確認はしてもらえると思います。)

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html 海外旅行に行く際に登録をお勧めします。

5、旅行代理店の安売り航空券などを購入する場合は、その会社が倒産しないか等のリスクがあるので、注意が必要。私はそのリスクを避けるために、ほとんどが航空会社公式サイトから購入しています。その方が遅延などが発生した場合、対応がしてもらいやすいと思うので。

代理店を使う場合は、JTBなど大手の格安航空券なら安全ですし、災害時の安否確認なども多少なりとも対応してもらえると思ます。

 

個人旅行ですので、基本的に自分ですべて対応をする必要があるので、

旅行保険の加入=傷病の場合に、サポートデスクに連絡出来てサポートしてもらえる。

やたびレジの登録=滞在先や期間を登録しているので、災害やテロなどが発生した場合に安否確認などしてもらいやすい。

在外公館の連絡先程度はメモしていく=パスポートの紛失など本当に困った際の最後の切り札。

 

個人旅行ならではのメリットもありますが、デメリットも十分に承知の上で行動されることをお勧めします。

 

Youtubeにて私の旅行に関するホテルや飛行機や観光地、マイルについて動画をアップしていますので宜しければご覧ください。

 

author:たもっちゃん, category:旅行Tips, 11:38
comments(0), -
海外 ホテル 予約方法

 

海外旅行の際、どのようにホテル予約されますか?

ツアーで海外に行かれる方は、ホテルが含まれ心配ありませんが、私の場合、海外旅行はほとんどが、航空券、ホテルなどは自分で手配する個人旅行ですので、ホテル選びも色々試しましたが、ほとんどがHotels.comを使っています。

 

Hotels.comを使う理由を最初に数点ご説明します。

。隠闇馭颪泙襪1泊無料があるから。

 よくCMなどで10泊すると1泊無料を宣伝したいますが、内容は、10泊分の合計金額(宿泊費のみ)を10分の1にした金額を次回予約時に充当できますが、仮に10泊で合計10万円使ったら、1万円分の宿泊費をもらえますが、サービス料や税金は別途掛ります。

仮に9000円の部屋に泊まっても1000円分は戻りません。12000円の部屋に泊まれば差額の2000円+税等が必要です。

1泊無料の権利は、Hotels.comを利用した最終宿泊日から1年間ですので、使わずに新たに宿泊すると期限が伸びます。

よくHotels.comから割引クーポンメールが送られてきますが、それを使うと10泊で1泊無料にカウントされないことがあるので注意書きをよく見てください。キャンペーンで1泊で2泊分カウントするキャンペーンもあったりします。

 

検索時に合計金額を表示しているから見やすい。

多くの宿泊サイトは、3泊で検索しても、1泊あたりの金額しか表示されませんが、Hotels.comは、合計金額を表示してくれるので、総額いくらかかるか分かりやすい。

 

ホテルをよく利用する方には、それぞれのサイトでポイントサービスなどが有るところもあるので、同じサイトを使ってポイントなどを貯めて有効活用されたほうがお得です。

 

私は、Hotels.comを使うことが多いのですが、申し込みをする前に必ず検索して調べることがありますので、その手順をご紹介します。

 

まず、ホテルの検索方法ですが、トリバゴなどで行先のホテルの相場を調べます。ほとんどの場合が少しの差であったりですので、その場合はHotels.comで予約します。もちろん大きな差がある場合はほかのサイトを利用します。

そしてもう一つ、泊まるホテルを決めたら必ずホテルの公式ホームページをチェックします。

値段は同じ程度がほとんどですが、特典が付いている場合があります。アーリーチェックインやレイトチェックアウト、朝食や部屋指定など、自分の旅行旅程に併せてレイトチェックアウトが便利な場合などにはそちらの方がお得な時もあります。

 

以上のような工程をへて、ホテルを予約しますが、Hotels.comのサイトへ直接は行きません。現在はJALのマイルを貯めているので、JALのホームページを経由してHotels.comのサイトに行きます。そうすることによって200円毎に1マイル付与されますし、10泊で1泊無料の特典もつきます。頻繁に3倍マイルのキャンペーンもしているので、少しでもお得になります。(ANAのホームページ経由でANAのマイルが貯まります。)

 

以上は、どのサイトで予約するかですが、次にどこのホテルに泊まるかです。

 

初めての場所に行く際には、個人旅行ですので空港からホテルの送迎はもちろんありませんし、観光も自力で公共交通機関を使って移動するので、どのホテルにするか場所選びが重要です。

 

最初に行先の主な観光地や行きたいと思っている場所をネットで検索し位置関係を把握します。そして公共交通機関の路線図やバス停の位置などを検索し把握します。そして移動しやすいエリアを特定してそのエリアでホテルを探します。

自分の予算、希望設備(プールやジム)などを考慮して選びます。もっと詳しく調べたい場合、コンビニがあるか、周辺の雰囲気やホテルから駅までの道はなどは、グーグルマップのストリートビューを使えばより分かりやすいと思います。

 

以上が私のホテル選びの方法です。これから個人旅行などでホテルを探す方の参考になればと書いてみました。

私が泊まったホテルのレビューなどを動画でアップしておりますのでご参考になればご視聴ください。

 

 

author:たもっちゃん, category:ホテル予約方法, 14:47
comments(0), -
マイル活用法

JUGEMテーマ:マイル、マイレージ

私のマイル活用法について書いていきたいと思います。

 

2018年はJALグローバルクラブの入会を目指して修行しておりますが、すでにANAのSFCには入会済みで、去年まではANAのマイルをフライトはもちろん、生活でもANAのマイルを貯めていましたが、いざ使いたいときに、なかなか日本発の国際特典航空券を手に入れることができませんでした。

何か月も前に計画を立てることが難しいのと、旅行に行きたい連休などには人気の観光地は、まず取れません。

せっかく貯めたマイルは特典航空券に交換するのが一番お得だと思いますし、私自身は特典航空券を手に入れるためにマイルを貯めているので、特典航空券に交換したい。

では、どうすれば1〜2か月前に夏休み、年末年始、ゴールデンウィークに特典航空券を手に入れるか、活用するかを私の場合は、タイや東南アジアに旅行に行くことが多いので、バンコクの例で利用方法で説明します。

私は連休などの場合は、国際特典航空券を検索する順序は。

(大阪在住ですので、大阪からの場合です)(スターアライアンスのマイルでの例です)

 

最初には、まず空いていることはないですが、大阪からバンコクを検索します。 大阪からダイレクトに飛んでいるのはタイ航空だけです、ANAの場合は全て東京経由です。

 

次に、名古屋発のタイ航空直行便。大阪からですと近鉄・名鉄を使えば移動時間は掛かりますが、そんなに高くなく移動できます。1度名古屋発で、帰りは関空の直行便がマイルで取れました。

 

最後に私が最も多く利用するパターンですが、大阪発香港経由バンコクのルートです。 日本ー香港路線は間際の特典予約でも空いていることがあり、大阪香港はANA、香港バンコクはタイ航空で取れる時があります。

大阪から香港も空いていない時もありましたが、その場合は大阪ー香港間をANAやピーチの航空券を購入して、香港バンコク間を特典航空券を利用しています。

航空券を買っていますが、マイルの期限や、休みがそこしかないといったときは、大阪から近くの海外、香港、台北、仁川などは、連休などの期間中でも、直行便でバンコクを購入するより安い時が多かったですが、そこは、直行便とどっちがいいかを比較しながらの選択になります。

 

日本の連休中は、海外では通常の日の場合が多いので、香港や台北発などの特典航空券は空いてますので、こうして私は特典航空券を利用しております。

ただ、注意が必要なのは、香港での乗り換えの時間を十分にとることと、アライアンスが違うと荷物を一旦引き取ってまたチェックインが必要なので、注意してください。

預け荷物が無いとLCC以外は乗り継ぎカウンターがあるので、入国せずに乗り換えできますが、ピーチの場合は帰国時に香港に一旦入国しピーチのカウンターに並ぶ必要があります。

 

いつでも休みの取れるような方は、十分にマイルを活用できると思いますが、休みが限られる人にとっては、このような使い方もできる参考になればと思います。

 

Youtubeもやっておりますので、ご覧いただければ幸いです。

https://youtu.be/pDIpqH4-4VU

author:たもっちゃん, category:マイル全般, 14:20
comments(0), -
Mode Sathorn Hotel Bangkok モードサトーンホテル バンコク

JUGEMテーマ:バンコク

 

バンコクのホテルをご紹介します。

最近よく泊まるホテルで、便利でお気に入りのホテルです。

 

今回はゴールデンウィークに2泊いたしました。1泊あたり約7000円でした。時期により価格は変動していますので、1万円以上の時もありますが、高いときは別のホテルを利用しています。

 

ホテルは、BTSスラサック駅の目の前にあり、電車移動を中心の人には便利です。前の道路はよく渋滞するのでタクシー移動がメインの人は日中の移動に時間が係るかもしれません。

スラサック駅は乗降数が比較的少ないので、駅窓口でカードにチャージするときは空いてて便利です。

 

このホテルには今回が3回目の滞在でしたが、予約した部屋よりアップグレードしていただき、ラッキーでした。

 

部屋には、歯ブラシなどのアメニティーも充実しており、水は部屋のテーブルに2本、洗面台に2本が毎日補充されます。

このホテルの部屋は、ほかのホテルと違い部屋のレイアウトが独特ですが、清潔に保たれ快適です。

部屋の内部の様子は、下のYoutubeの映像でご確認ください。

 

ホテルには、ジム、スパ、ルーフトップバー、そしてインフィニティープールがあります。そんなに大きくはないですが、十分開放感があり気に入っています。

 

食事は、品ぞろえ豊富なバフェタイプの朝食を毎回飽きることなく堪能しております。

 

滞在者は、韓国、中国系の方が多い気がしますが、個人旅行の人ばかりでしたので、うるさいとかは感じたことがありませんし、部屋内では、外や隣がうるさいなどは一切ありませんでした。

フロントでは日本語は通じません。

 

コンビニは、道路の反対側にありますので、歩いていくと少し時間が係るので、外出した帰りなどに買って持って帰ってくるほうがスムーズだと思います。

 

 

author:たもっちゃん, category:ホテル レビュー, 10:44
comments(0), -
タイ バンコク ラチャダナイトマーケット Ratchada Night Market

JUGEMテーマ:バンコク

バンコクには、色々な場所にナイトマーケットがありますが、最近の私のお気に入りは、ここ、ラチャダナイトマーケットです。

規模、品揃え、景色がちょうどいい感じでバンコクに行くたびに一度は訪れます。

 

行き方は、バンコクの地下鉄でタイカルチャーセンター駅に向かい、3番出口から地上に出て、左に曲がり、しばらく進むとエスプラネードのショッピングセンターが見えますので、そこを左に曲がり、裏側に行くとあります。 人の流れについていくとたどり着けると思います。

 

マーケットには、飲食の屋台はもちろん、雑貨や服飾が多く軒を連ねています。 このマーケットのお勧めは、隣にあるエスプラネードショッピングセンターの駐車場からマーケットを上から望む景色です。 時間のある方は、日没前と、日没後の両方の風景を見られると堪能できると思います。日没前は駐車場4階に行くと数名の人が景色を見に来ていましたが、日没後は多くの方が来られてました。ほとんどが日本人でした。

 

この夜景、マーケットの規模とテントの色とりどりの照明がとてもきれいです。

 

行き方やマーケット内の様子はこちらのYoutubeでご覧いただけます。 

author:たもっちゃん, category:タイ(バンコク・他), 09:15
comments(0), -
マレーシア ランカウイ島 旅行記 その .アラルンプール空港 国際線から国内線へ

JUGEMテーマ:マレーシア

 

2018年のGWを利用して、マレーシア ランカウイ島へ旅行に行った内容です。

 

その クアラルンプール空港での国際線から国内線への乗り換えと、ランカウイ空港までを綴っていきます。

 

今回の旅行の行程は、伊丹空港ー成田ークアラルンプールーランカウイのフライトで、伊丹空港からクアラルンプールまでは日本航空、クアラルンプールからランカウイまでは、マレーシア航空を利用しましたが、ワンワールドグループなので荷物は伊丹空港で預けて、ランカウイで引取できますが・・・

 

成田からの便は、クアラルンプール空港のサテライトターミナルに到着しますので、到着後、メインターミナルまでは電車を利用します。

クアラルンプールでそのまま入国する場合は、この電車が到着後降りたら、電車の進行方向に進み入国審査場に向かいますが、国内線に乗り継ぐ場合は、電車を降りたら、逆方向に進み、階段を降りていきます。ほとんどの人はそのまま入国審査場に向かいますので、国内線乗り継ぎは少ないので、みんなと逆方向になるので、注意が必要です。

階段を降り進んでいくと、乗り継ぎ客用の入国審査場がありますので、それを通過すると国内線ターミナルです。

後は、搭乗時間まで待つだけです。

 

ランカウイまでは1時間ほどのフライトですのでサービスは飲み物の提供ほどしかありません。

ランカウイ空港は、小さな空港ですので、タラップを使って滑走路脇を歩いてターミナルまで移動です。

荷物の受け取り場所には、レンタカーやツアー案内ブースがあり、入っていくと大きな声で呼び込みをしています。

その中にプリペイドSIMのブースもあるので、そこで購入すればセッティングもしてくれます。

 

ここで問題が、ターンテーブルで荷物を待ってると、一向に出てこず、ターンテーブルも止まってしまいました。

そう、ロストラゲージです。

すぐに係員のところへ行きましたが、先客がおり15分ほど待って私の手続きが始まります。

荷物の控え札を渡し、鞄の色、形状などを伝え、報告書を作成してくれます。係りのお姉さんは終始慣れた様子で笑顔の対応でした。明日の10時にホテルに荷物を届けるとのことで、言われるがままに従うしかないので、届くことを信じて退散です。

 

私の乗った飛行機が最終便で手続きに時間を要したので出口に行くともうほぼ誰もいません。タクシー乗り場に向かいましたが、タクシーも止まっていませんでした。

すぐにGRABタクシーのアプリを起動し、検索すると空港周りにはまだ何台か待機してたのですぐに来てくれました。

結果的にはタクシーよりも安く済んで良かったです。

東南アジアでは現在GRABしか使えないので、このアプリを入れておくと移動にも便利です。ちなみにランカウイでは普通のタクシーは定額制で空港から○○まではいくらと決まっているので、ぼったくりはありませんが、GRABの方が安いと思います。観光客が行くようなところには待機しているのですぐに呼ぶことができます。

 

なお、荷物は翌日にはちゃんと届けてくれました。

 

 

国内線への移動の様子とランカウイまでの飛行機とトラブル処理の映像です。

プリペイドSIMの購入の映像

author:たもっちゃん, category:マレーシア(ランカウイ), 08:51
comments(0), -
マレーシア ランカウイ島 旅行記 その◆.曠謄襪醗榮絢蠱福⊆腓粉儻地、ランカウイ空港

JUGEMテーマ:マレーシア

 

2018年のGWを利用して、マレーシア ランカウイ島へ旅行に行った内容です。

 

その◆〆2鵑僚蒜颯曠謄襦.侫Д妊薀襯凜ラビーチリゾートランカウイ。島内の交通手段。主な観光地

 

今回宿泊したホテルは フェデラルヴィラビーチリゾートランカウイですが、タクシーの運転手も最初わかりませんでした。その訳は、このホテルは、ホリデーヴィラビーチリゾートランカウイの中にある系列ホテルで、ホリデーヴィラは有名みたいですがフェデラルヴィラというとわかってもらえませんでした。

チェックインもプールなどの施設、朝食会場もホリデーヴィラのものを利用し、宿泊棟だけ別です。フロントからだいぶ離れています。でも宿泊棟によっては、ビーチのすぐそばでよかったです。ただ、虫が多い。気になる方は要注意。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

次に島内移動手段ですが、島内にはバスなどは走っていませんので、タクシーかレンタカーまたはレンタルバイクになります。

私は、レンタルンバイクを利用しました。

島内は交通量が少ないのと日本と同じ左側通行なので運転はしやすいと思います。

レンタルバイクだと一日保険込みで1400円程度で自由に移動できるのと止めるところを探さなくていいので便利です。

国際免許は必要です。

島を一周しても止まらずになら2時間程度あれば十分で、観光しながら景色のいいところで止めながら走っても1日で十分一周できます。

レンタルバイクの様子はこちらでご覧になれます。

今回の旅行で回った主な観光地は

オリエンタルビレッジ&スカイキャブ

 

クロコダイルアドベンチャーランド

 

ナイトマーケット

 

最後にランカウイ空港とクアラルンプールまでの様子です。

https://amzn.to/2Moq19B

author:たもっちゃん, category:マレーシア(ランカウイ), 14:18
comments(0), -
2018 JGC 上級会員に挑戦 ルートについて

JUGEMテーマ:マイル、マイレージ

 

2018 JGC上級会員に挑戦するルートについて説明します。

 

上級会員になるには、50000FOPを貯めるか、JALグループに50回以上搭乗するかになりますが、私は50000FOPを貯める方法で目指したいと思います。

 

では、具体的なルートですが、昨年末に発売されたクアラルンプールビジネスクラスキャンペーンを利用して設定することにしました。

 

ルートを設定するにあたり、私個人の条件、航空券の条件を簡単に説明します。

仝朕妖には、仕事の関係上、休みを取れるのは、土日祝日とゴールデンウィークの連休になります。

▲アラルンプールのビジネスクラスキャンペーンは、現地数日以上の滞在が必要

できるだけ安く、効率的に達成する。(大阪在住ですので、大阪が起点になります)

JALカード(クレジットカード)に入会し、入会特典の5000FOPをもらう。

以上を考慮して、ルート設定を行いました。

 

大きく分けて、3回の旅行で50000FOP達成でルート設定しております。

予約した航空券ごとに記載します。

 

A 3月17日 関空ー羽田・成田ークアラルンプール 7月15日 クアラルンプールー成田・羽田ー那覇

B 3月17日 クアラルンプールー成田・羽田ー那覇 5月3日 関空ー羽田・成田ークアラルンプール

C 3月18日 那覇ー関空

D 5月5日 クアラルンプールー成田・羽田ー関空 7月14日 関空ー羽田・成田ークアラルンプール

E 7月16日 那覇ー関空

 

金額では、

A 106,940円 B 90,730円 C 17,500円 D 105,010円 E 34,000円 合計354,180円 

合計 46242FOP+カード入会ボーナス5000FOPで、50000FOP達成です。

 

Aのチケットは、数日の滞在が必要なので、行きと帰りを全体計画の最初と最後に設定し、BとD 2回クアラルンプール発券のチケットを購入しています。

現地発券のメリットとして、日本で購入するよりも数万円安い。BとDのチケットは、プレミアムエコノミークラスで、100%FOPが貯まるのでお得。エコノミーの場合は、チケットの値段によりFOPの貯まる率が変化します。安いものだと30%程度しか貯まりません。

AとDの日本行きのチケットは、那覇が最終地になっているのは、国際線乗り継ぎの国内移動分は、FOPが2倍になるので、より遠い那覇が一番効率的になります。CとDはそのために、那覇から大阪に戻るチケットです。

 

Aのクアラルンプール到着日とBのクアラルンプール出発日が同じなのは、乗っていった飛行機で入国せず、そのままトランジットカウンターで発券し、折り返し帰国したためです。これをすると完全土日で1往復できます。

FOPのためだけの旅行です。

 

一回目の様子は、こちらでご覧になれます。

 

ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスの利用ですので、行程は強行軍な所もありますが、ラウンジも利用でき有意義に過ごすことができました。

 

2回目のルートは、GWでもありましたので、間に観光を入れてちょっと休暇を楽しみながら行きました。

当初の予定を、一部変更してGWの間の平日も休暇を取れたので、ランカウイ島などに行って楽しんできました。

 

 

 

         

 

 

author:たもっちゃん, category:JALマイレージ, 13:41
comments(0), -