RSS | ATOM | SEARCH
ラオス ヴィエンチャン 観光地編

JUGEMテーマ:ラオス

 

初めてのラオスでナンプ広場の近くのホテルに滞在して、歩いて最初の観光地 パトゥーサイに約20分ほどで行きました。

 

ラオスの凱旋門と呼ばれる場所 入場料は15バーツでした。

ラオスの通貨はキープですが、タイバーツや米ドルがそのまま使えますので、今回は一度もキープに両替することなく過ごせました。

おつりが発生する場合は、店によってキープでもらえたり、タイバーツでもらえたりしますが、今回使った先ではキープをもらうことはありませんでした。

 

キープ表示からタイバーツへの換算方法は、キープ表示の0を二つ取り、半額にすればバーツです。

3000キープの場合、00を取り、30。 30÷2で15バーツ

 

さて、パトゥーサイですが、建物の下に行くと、入り口側と出口側の二か所あり、カウンターの有る方が入り口で、ここで料金を払い、階段を上っていきます。

登っていくと、土産物屋がびっしりと入っています。さらに階段を上っていくと、屋上に出れます。

屋上からの景色は、周りに高い建物もなく見通しが効いていい眺めです。

屋上の中心にある、土産物屋の建物の中に入ると、さらに上に上がる階段がります。

 

次はタートルアン、黄金の仏塔です。

 

拝観料は、外国人50バーツ

回廊には、建設の経緯や写真などの掲示物があります。

仏塔の横の敷地には、大きな涅槃仏がありました。

駐車場には土産物屋などが並び、仏様へのお供え物のほか、土産物に混じって、こんなところでもコピー商品が並んでいます。

 

次に、メコン川傍のナイトマーケット

ヴィエンチャンのナイトマーケットは、距離も長く、結構な数の店舗が出店していますが、販売しているものは、服、靴、スマホグッズ、コピー商品と同じような店舗がたくさんあります。

通路が広く、店員の執拗な客引きや売込みがなく、ゆっくりと見ながら買い物ができます。

 

夕食をナイトマーケット横のお店でいただきました。

どれも辛めの味付けですが、とくにソーセージがおいしかった。

3人で食べて飲み物と合わせて800バーツでした。

おいしかったので、次の日も行って違うメニューをいただきました。

 

最後にメコン川の土手からの朝日です。

早朝からランニングや散歩にサイクリングをされている地元の方が多くいました。

 

youtubeに動画をUPしておりますので、宜しければご覧ください。

author:たもっちゃん, category:ラオス(ヴィエンチャン), 21:47
comments(0), -