タイ リペ島とランカウイの旅 そのΑ.薀鵐ウイ・フェデラルヴィラビーチリゾート編

マレーシア(クアラルンプール) comments(0) - たもっちゃん

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

2019年ゴールデンウィークを利用し、タイの秘島「リペ島」とマレーシアのランカウイ島に行ってきました。
そのΔ任蓮▲薀鵐ウイで滞在したホテル様子を書いていきます。
今回滞在したホテルは、昨年も滞在し2回目のフェデラルヴィラビーチリゾートホテルです。
このホテル少しややこしくて、タクシーで名前を言ってもどこっ?て言われます。
ホリデイヴィラビーチリゾートホテルの中にあり、ホテルの外にもホリデーヴィラの名前しか表示されていません。
フロントや施設もすべてホリデーヴィラの物を使いますので、タクシーなどで行先を言う場合は、ホリデーヴィラで分かってもらえます。
両方とも同じホテル敷地内にあり、想像するに古い建物のホテルがフェデラルヴィラで新しい建物がホリデーヴィラという感じです。
ホリデーヴィラのフロントでチェックインをします、その際にデポジットとして200リンギット(MR)を預ける必要があります。
チェックインが終わると、フェデラルヴィラの建物までは、約300mほど敷地内を進んで行きますと、2~3階建ての建物が数棟建っており、それらがフェデラルヴィラの客室です。
これらの建物にはエレベーターはありませんので階段のみです。
周りは木立に囲まれ静かで落ち着いた場所です。ビーチまでもすぐに行けます。
レストラン、プール、ビーチバーなどの施設は全てホリデーヴィラと共通ですので、とても充実しています。
フェデラルヴィラの室内は、築数十年たっていると思いますので、古く老朽化している部分もありますが、それなりに整備はされているので利用できる施設やオンザビーチの立地などを考えると値段もお得感があると思います。
難点は、シャワーの水圧が非常に弱い、お湯を出すのにスイッチを入れる必要がある。
アメニティーは、石鹸、シャンプー、シャワーキャップのみで、歯ブラシはありません。
今回は値段を抑えるため朝食を付けませんでしたが、昨年利用したときは、品数も多く満足できるものでした。
朝食は、ホテルの向かえにあるカクタスというレストランを利用しました。
早朝から営業しており、複数のモーニングメニューがあり、安くておいしくいただきました。
早朝から次から次とお客さんが入ってきており繁盛店の感じでした。
このホテルにはプールが2つあり、一つは無料でもう一つは有料で約1000円飲物1杯付きです。
無料のプールは十分な大きさと、ジャグジー、子供用プール、プールバーもあり十分だと思います。
有料の方は、インフィニティープールになっており、プールの水面と海がつながって見えるようになっています。
ビーチベットも用意されており、中には専用のプールバーもあります。
いつもガラガラの感じでした。
無料のプールのビーチベッドが一杯だったので、一度だけ利用しましたが、利用者は3組だけでした。
飲物ついてこれだけ空いてて1000円程度なら利用する価値もあるかなと思います。
ホテルの前のビーチは、ほぼプライベートビーチでホテル客のみでした。
ビーチにもパラソルとビーチベッドが用意されており、バーもあり広々としてゆっくりくつろげると思います。
観光客の多い繁華街のビーチからは数キロ離れていますが、静かで落ち着いたホテルでお気に入りです。
繁華街までもタクシーやレンタルバイクなどですぐに移動できますし、去年よりもホテル周りのお店も増え不便なく過ごせました。
ちなみに今回の宿泊費は1泊約7000円食事なし、同じ日にホリデーヴィラは1万円以上していましたので、ただ部屋が古いだけで施設は同じように使えるので、あまり部屋にこだわらない人にはお勧めです。
ホテルなどの様子をYoutubeにUPしておりますのでご覧ください。

スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM