プライオリティパスを手に入れました。

旅行Tips comments(0) - たもっちゃん

JUGEMテーマ:クレジットカード、プライオリティパス、

 

プライオリティパスをご存知ですか?

ネットで検索すると、多くの方がこのテーマで書かれていますが、海外旅行をプレミアムエコノミーやビジネスクラスでされない方にはとってもお得なパスです。

 

使えるところは、日本を含め世界中の空港1200か所以上で使えます。具体的には空港のラウンジを中心に一部レストランやスパなどで無料で使えます。

https://www.prioritypass.com/ja# こちらはプライオリティパスのホームページです。

 

プライオリティパスは、会員制で入会しパスを手に入れるには、直接申し込む方法と、クレジットカードの上級クラスに付帯サービスとしてついているものがあります。

 

一番安く手に入れる方法は、楽天プレミアムカードに入会し手に入れる方法で、年会費10,800円で手に入れれます。

 

では、このパスを持つと何がお得なのか?

このパスがあれば、空港の指定ラウンジが使えます。どのラウンジが使えるかは、ホームページから空港名を入れると検索できます。

 

空港には通常、航空会社のラウンジ、クレジットカード会社のラウンジ、プライオリティパスのラウンジがあります。

航空会社のラウンジは、ワンワールドやスターアライアンスの航空グループのプレミアムエコノミーやビジネスクラス以上に搭乗またはアライアンスの上級会員であれば利用できます。

クレジットカードラウンジは、クレジットカードのゴールド以上であれば利用できます。

プライオリティパスのラウンジはパスがあれば利用できます。

 

それぞれの差は、航空会社のラウンジは、食事、飲み物(アルコールを含む)、シャワーなど設備・サービスが充実しています。

クレジットカードラウンジは、おつまみと飲み物のみで、カードの保持者も多いので混雑していることが多いです。

 

プライオリティパスの使えるラウンジは、空港にもよりますが、航空会社のラウンジに近いまたは同等のサービス・設備が備えられています。一部空港では、航空会社のラウンジを指定されている所もあります。

 

年に数回旅行をされる方なら、十分に元を取り戻せるサービスを受けれると思います。

プライオリティパスは、利用する航空会社やクラスは関係なく使えるので便利です。例えば、LCCを利用しても使えますし、格安ツアーなどを使っても出発までの時間を過ごせます。

 

ラウンジを使えることの何が良いのか?

今までに航空会社のラウンジを使ったことのある方ならわかると思いますが、出国手続き後に搭乗するまで、ゆっくりソファにすわり、飲み物・食事をいただき、Wifiでネットを楽しみ過ごすことができ、すべて無料です。

これを行き返りの空港だけでなく、乗継があればその空港でも利用できます。

 

ラウンジが利用できない場合は、ジュースを買ったり食事をしたりすればお金がかかります。それを換算すると年数回旅行時に使えれば十分に利用価値があると思います。

 

ちなみに、私は現在、スターアライアンスのゴールド、ワンワールドのサファイア会員ですので、両方のアライアンスの航空会社を利用すれば、ラウンジは使えるのですが、旅行の行先によっては、LCC(ピーチやジェットスター、エアアジアなど)やアライアンスに入っていない航空会社(香港航空など)、スターチームの航空会社(中華航空、デルタなど)が便利な時もあり、また価格が安いなどで選択するときもあるので、その際に利用できます。

次の旅先では、ワンワールドの航空会社を利用するのですが、空港にはプライオリティパスのラウンジしかない空港があり、その際にも使えます。

 

私のメインに利用する空港は、関西空港ですが、ここでは使えるラウンジがKALラウンジとレストランのぼてぢゅうのみ。

しかも両方とも制限区域外にあり、ラウンジは出国手続きなどを考えると使える時間が微妙な感じです。

ぼてぢゅうは、3400円分の食事ができるらしいので、金額としては十分ですが、両方とも利用するには早めに空港に着いて、時間に余裕が必要です。

私自身は、国内よりも海外の空港で使えることを重視しているので、十分利用価値があると思っていますので、活用したいと思っています。

 

ゴールデンウィークが最初の利用となるので、また後日利用報告をブログに書きたいと思います。

 

スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM