たもっちゃん

主に旅行先での、交通手段のレビュー、観光地のレビュー、宿泊先のレビュー、乗り物などの搭乗レビューを中心に投稿していきます。
Youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC2isEdQ901uo7glfClh5ggw
<< マレーシア航空 MH0789 搭乗記 | TOP |
ゴールデンウィークは、リペ島に。
0

    JUGEMテーマ:海外旅行 総合

     

    今年のGW10連休、どちらに行きますか?

    長期の休みなので、なかなか行けない場所で、ゆっくりできるところを考えていましたが、リペ島に行きます。

     

    リペ島?ってどこ?

     

    タイのモルディブ、最後の楽園などいろんな言葉で形容されていますが、タイ南部の離島です。周囲数キロの小さな島ですが宿泊施設、飲食店が多数あるリゾートアイランドです。

    小さい島ですがコンビニや診療所など島の大きさの割には十分に設備が整っています。

    ここに行くには船しかないので、多少不便ではありますが、その分海がすごくきれいです。(動画や写真を見ての感想ですが)

    場所はここ

    クアラルンプールからランカウイ

     

    ランカウイから船でリペ島

     

     

    ここへの行き方は、主なルートは2ルート

    バンコクからエアアジアで飛行機++フェリーを乗り継いで行く方法と

    マレーシアのランカウイからフェリーで行く方法。

    エアアジアでは、バンコクからリペ島までの通しのチケットが買えます。

     

    タイでありながら、リペ島に行くには、ランカウイから行った方が行きやすいのです。

    私はランカウイ経由で行く方法を選択しました。

    ただランカウイからのフェリーは、オンシーズンのみの運航ですので、オフシーズンにはタイ側からしか渡れません。

     

    今回の旅程は、大阪からクアラルンプール経由でランカウイまで飛行機で行き、そこから港に移動し、フェリーでリペ島に約1時間半の船旅です。

    日本からのツアーなどはありませんので、自力で行くしかありませんが、フェリーのチケットもネットで予約できます。

     

    ランカウイからのフェリーは2か所の港から出ていますので好きな方を選択すればいいですが、空港から同日に乗り換えるなら、空港から近いテラガハーバーが便利だと思います。もう一つの港は島の中心部のクアジェティーから出ていますが、空港から少し離れています。

    テラガハーバーからは https://telaga-terminal.com/

    クアジェティーからは、http://www.bundhayaspeedboat.com/rate.html

    値段の差はたいしてありません。

     

    今回の実際に手配したチケットは、

    チケット検索時の私の条件としては、ランカウイ到着日にそのままリペ島行きのフェリーに乗り継げことを条件に検索した結果、選択できる航空会社は、マレーシア航空かエアアジアになります。ワンワールドの上級会委員資格を持っていますので、マレーシア航空を優先に利用することに。

     

    1月に予約をしましたが、まずランカウイまでの航空券を検索したら、大阪からランカウイまで往復を検索した値段と大阪からクアラルンプールとクアラルンプールからランカウイを分けて検索すると分けた値段の方が安かったので分けて買うことに。さらに往復と片道ずつ買うのとでは、通常は往復の方が安いのですが、片道づつ検索すると、行きの値段は安くて復路は高く設定されていたので、行きはマレーシア航空で片道、帰りはエアアジアにすることに。

     

    そして順番に片道ずつ購入していきました。

    大阪-クアラルンプール(マレーシア航空)

    クアラルンプール-ランカウイ(マレーシア航空)

    ランカウイ-リペ島(テラガハーバー)

    リペ島-ランカウイ(テラガハーバー)

    ランカウイ-クアラルンプール(マレーシア航空)

    と順番にネットで購入していき、最後に大阪までの航空券を片道でスカイスキャナーで検索すると、一番安い値段でエアアジアが出てきましたが、その下にフィリピン航空が出てきました。エアアジアは直行便ですが、フィリピン航空はマニラ、台北経由大阪の行程で値段はほぼ同じ、エアアジアの方が楽でいいなと思いましたが、クラスを見ると、ビジネスと書いてある。

    余計に時間は掛かりますが、乗ったことのない会社だし、ビジネスクラスでエアアジアと同じ値段。ANAと提携していてANAのマイルが貯まる。別に帰りを急いでいるわけでもなかったので、フィリピン航空を選択購入。

     

    結果航空券はバラバラでの購入になりましたが、遅延などが発生するとトラブルの元ですので、お勧めできませんので、一つの航空会社で通して買うことをお勧めします。

    今回、行きは大阪からリペ島に行きますが、帰りはリペ島4泊の後、ランカウイで2泊の予定で予約していますので、遅延でトラブルが起きそうなのは往路だけですが、乗継などは十分に時間を取って手配し、最悪の欠航などが有った場合の代替ルートも考えてはいます。個人旅行なので誰も助けてくれませんのでその辺は自己責任で対処する必要があります。

     

    以上の通りで交通手段の手配は出来たので、次はホテルです。

    ランカウイは昨年初めて行って経験済みなので昨年と同じホテルを予約。

     

    リペ島は初めてでせっかくのビーチリゾートなので、ビーチフロントのホテルを探し色々検索した結果、できるだけ安くてそれなりのホテルを見つけ予約をしました。

    リペ島は小さな島ですが、ホテルの数が多く、ホステルから高級リゾートまで選ぶのに時間がかかりました。

    ホテルを探すのに、Youtubeで行かれた方の動画を探しましたが、日本語での検索では行かれてる日本人の絶対数が少ないのであまりでませんが、英語で検索すると欧米人に人気の観光地なので結構出てきますので、参考にされるといいと思います。

    立地、値段、設備、動画での印象などを参考に、サンライズビーチのビーチフロントのコテージを予約しました。111,000円で私がタイで泊まるホテルとしては高額ですが、せっかくなので良いところを手配しました。

     

    交通手段、宿泊先が決まったので、つぎに何をするかです。

    島に有名な観光地などが有るわけではないので、メインでするアクティビティーは、シュノーケリングやダイビングのツアーです。あとはビーチでのんびりボーっとするのが魅力です。

    もちろんリペ島には日本語のオプショナルツアーはありませんので、英語で検索することになります。

    その際に便利なのはトリップアドバイザーでリペ島のツアーを検索すると、ツアー会社が出てきますので参考にされるといいと思います。

     

    以上の通り計画し、GWを楽しみにしていますが、今回の旅行は一人旅。

    一人旅は気楽でいいのですが困るのが食事。一人ではなんとなくレストランに入るのが気が引けるのと、色々食べてみたいがシェアできないので量が限られてしまうのが残念。

     

    以上、GWの予定でした。

    帰ったら改めてブログを書きたいと思います。

     

     

    | タイ(バンコク・他) | 15:14 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    スポンサーサイト
    0
      | - | 15:14 | - | - | ↑PAGE TOP
      コメント
      コメントする