マレーシア航空 MH0789 搭乗記

航空機搭乗レビュー comments(0) - たもっちゃん

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

#マレーシア航空、#MH0789

 

2019年1月 マレーシア航空 MH789便 バンコクからクアラルンプールへの搭乗記です。

クラスはエコノミー。

 

今回の搭乗は、バンコクからクアラルンプール乗り継ぎで大阪に帰る行程の一部ですが、購入したチケットが、ちょっと複雑で、

今回の旅行自体の目的地がバンコクでしたが、大阪バンコクの単純往復チケットより、

往路:大阪ーバンコク

復路:クアラルンプールー大阪

 バンコクークアラルンプールは別手配

の行程の方が合計が安く済むので、このような行程にしました。

大阪ーバンコク・クアラルンプールー大阪はJALのホームページより予約

バンコクークアラルンプールは、マレーシア航空のホームページで片道購入

クアラルンプールー大阪間はJL便名ですが、コードシェアで運行はマレーシア航空。

 

では、搭乗へ

エコノミーチケットですが、JGCサファイアですので、空いているビジネスカウンターへ

チェックインですが、ここでトラブル

クアラルンプールへは乗り継ぎの為だけですので、KUL-大阪のチケットも渡し、大阪までスルーチェックインをお願いしました。

同じワンワールドですし、ましてや運航会社は同じマレーシア航空。できると思ってチケットを出して尋ねると。

発券している航空会社がJALとマレーシア航空で違うので、スルーは出来ないと。

アライアンスの意味ないじゃんと思うと同時に、別の時に日本初のJALとマレーシア便の乗継の時はスルーできたのに。

わけわからんと思いながらも、出来ないと言われるのなら仕方ないので、JALのサファイアのカードを渡し、JALのマイルを貯めるようにお願いしました。

 

帰国後、今後のためJALに問い合わせて、今回の状況でスルーチェックインができないか確認したら、受付カウンターや航空会社によるとのこと。私の感想としてはカウンターの係りの人が十分理解してないように思いました。

 

ビジネスカウンターで、サファイアのカードも提示してるのに、預け荷物にプライオリティタグがつけられませんでした。

JALのマイルも加算されていませんでした。

 

まあ、当日は仕方ないので、クアラルンプールで一旦入国し、再度大阪へのチェックインをします。

バンコクの出国手続きは上の階へ上がります。

そんなに混むことも無く出国完了し、ラウンジへ向かいます。

今回マレーシア航空のエコノミーチケットですが、ワンワールドの上級会員ですので、使えるラウンジは3つ、

JAL,キャセイ、ミラクルラウンジですが、JALはJAL 便に合わせて営業ですので、閉鎖していましたので、キャセイを使わせていただくことに。

入ってびっくり、大勢の人がカウンターでもめてます。

どうやら、大幅な遅延か欠航があったみたいで、その対応に追われているようでした。

少し待ちましたが、すぐに入れました。

食事の一部は注文して出来立てをいただけますので、私はパッタイを注文

おいしくいただきました。

搭乗ゲートに移動し無事搭乗

座席は前後の間隔も十分あり短時間のフライトですので問題なし。

上空では持ち込んだスナック菓子がパンパンに膨らんでました。

機内食のサービスもありました。

無事、クアラルンプールに到着しましたが、荷物は優先タグが付いてませんでしたが、入国審査に時間が係ったので、すでに荷物は出ていました。

旅程で通しの航空券を購入されない場合は、乗継時間を十分に確保する必要があります。

今回は同じアライアンスで運行会社も同じでスルーできると思ってチケットの手配をしていましたが、もちろん十分な乗継時間を空けての手配でしたので、入国などで時間を費やしても問題なく搭乗できましたが、個人で手配される方はご注意ください。

 

スターアライアンスは数年前から利用していてそんなに不便に感じることはなかったのですが、ワンワールドはまだまだいろいろな点で改善余地があると思いました。

 

 

 

スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM