2018 JGC 上級会員に挑戦します。

JALマイレージ comments(0) - たもっちゃん

JUGEMテーマ:マイル、マイレージ

 

2018年 JALマイレージの上級会員 JGC入会に向け挑戦します。

現在ANAの修行を5年ほど前に終え、年に2,3度海外旅行にいきますが、その際に利用する航空会社はスターアライアンス加盟航空会社を優先的に利用して、上級会員の特典の恩恵を受けておりますが、行先によってはワンワールド加盟社の方が安くて、時間的に便利な時もあり、JALでワンワールドの上級会員を目指したいなと思うこともありどうしようかなっと考えていた時。

 

昨年12月にJALがクアラルンプールへのビジネスクラスキャンペーンで往復9万円という割安なチケットを販売していましたので、思い切って2018年にチャレンジすることにしました。

 

上級会員ってなに?(簡単に説明すると)

航空会社には、自社の飛行機やグループの飛行機に多く乗ってもらおうと、各社マイルを貯めて無料航空券をゲットできるのが一般的に有名ですが、さらに多く利用している客に対してその利用頻度によってより多くのサービスを提供しているのです。

JALの場合

まずJALマイレージバンクに入会しマイルを貯めますが、飛行機に乗った時だけにつくフライオンポイント(FOP)というポイント制度があります。FOPを30000ポイントでクリスタル、50000ポイントでサファイヤなどと達成度合いによってランクがつけられます。詳しい特典内容などはJALのホームページをご参照ください。https://www.jal.co.jp/jmb/index04.html

 

そして、50000ポイント達成すると、JALからJALグローバルクラブ(JGC)入会のご案内が届きます。

これを目指しています。

これは、JALカードに(クレジットカード)入会を条件としますが、これに入会するとサファイヤとほぼ同様の特典がクレジットカードに入っている限り続きます。

主な特典とは、空港での優先チェックインカウンターの利用、ラウンジの利用、手荷物の優先取り扱い、優先搭乗、マイル積算率のアップなど。

 

このような特典を、JAL便だけでなく、JALの加盟しているワンワールド加盟航空会社に搭乗する際は、同じ特典を利用できます。

格安エコノミーチケットやツアーでエコノミーを利用している際にも、ワンワールド加盟航空会社を利用していれば、ラウンジなど使えます。

例えば、ワンワールドグループのキャセイ航空で日本ー香港ーバンコクを格安エコノミーチケットで往復する場合。

日本の空港で、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用、出発まではラウンジを利用でき、香港で乗り継ぎの際も出発までラウンジを利用できます。帰りもバンコクでビジネスカウンターでチェックインし、ラウンジを利用でき、乗り継ぎの香港でまたラウンジを利用できます。

 

このラウンジ利用できるのは、非常にポイントが高いと個人的には思っています。

ラウンジが利用できないと、出発まで空港で待つ際に、食事をするのにお金がいりますし、座る場所を探すのも大変な時もあります。特に海外で乗り継ぎの場合は、現地通貨もありませんし、割高ですので、非常にありがたいです。

 

国際線のラウンジは、ソフトドリンクやビールなどの飲み物のほか、食事も無料ですし、シャワー設備があるところでは、搭乗前にシャワーを使い、すっきりして搭乗できます。

これらの費用を年数回の旅行をしていると、入会するために費用が掛かりますが、長い目で見れば十分入会価値があると思います。

 

具体的なルートについては、次にご紹介します。

 

Youtubeもやっていますので、是非ご視聴、ご登録ください。

https://www.youtube.com/channel/UC2isEdQ901uo7glfClh5ggw

 

 

 

スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM