RSS | ATOM | SEARCH
ヴィエンチャン マーケットいろいろ

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

初めてラオスに来て、街を歩いているといたる所でいけない商品を堂々と売っている。

観光地にあるTシャツや置物や民芸品などを売るような店は少ないが、驚くほどいけない商品をたくさん売っている。

もちろん日本に買って帰ると犯罪ですのでご注意を。

 

今回は2か所の店舗を見てきたのでご紹介します。

1つ目は、ヴィエンチャンの中心部にある、homeidealという店舗

店内に入ると、服から靴、鞄、財布、アウトドア用品など、多数の品揃え。

値段は安くはないが、本物ではありえない値段なので間違いなくいけない商品。

ただ、品質は良さそうでした。

 

2件目は、市内から離れタイラオス友好橋の入出国エリアの横にあるショッピングセンター?

市内からは路線バス14番に乗れば40バーツで行けます。

いすずのバス

入出国管理の建物です。

この建物に向かって、左後ろにバス停があり、

右側の道路の向こうにデューティーフリーの店があり、その店を抜けて反対側に出ると

下の写真の建物があります。

この中に、店舗が大量に出店しています。

店の数は多いですが、売っているものは似通っています。

ちなみに、値段を聞いたら、最初に言われる言い値が、タイで散々値切った後の価格くらいで、

そこから値切れるのですごく安いです。ここはヴィエンチャン市内の価格よりも安いです。

 

買う気が無いので、冷やかしで高いからいらないというと、同じデザインのものを持ってきてこっちならさらに安くできると、言ってきたので、何が違うのと聞くと。商品には、スーパー、A級、B級と種類があり、最初に説明したのはスーパー。

B級品なら200円から300円程度。びっくりな価格です。

 

腕時計も同じような感じで、スーパーなら、2〜3万円程度します。

 

いい社会勉強ができました。

author:たもっちゃん, category:ラオス(ヴィエンチャン), 13:33
comments(0), -